logo

Alessandro Barellini |イタリアンジュエリーに会いに行く。part 5

イタリアンジュエリーに会いに行く。part 5 (最終回)

5、アレッサンドロ氏の素顔とメッセージ

アレッサンドロ氏(以下、A表記)

さあ、今まで4回にわたり質問と回答という形でアレッサンドロ バレッリーニという人物と彼の作品を、分析してきました。

最終回の今日もじっくりと心の内をおうかがいしましょう。

 

〇彫金のような細かい作業はご自分にあっていると思いますか?

A あっているかどうかは分からないけれど、何でも組み立てることが好きなので、このミスができない小さな世界も、興味深いと感じている。好きだと思えているっていうことは、あっているということだろうね。

 

〇この仕事は天職だと思いますか?

A 分からないけれど、好きなことだからそうとも言える。でもまだ時間があるから、他のこともできるだろう。

 

〇もう一度生まれてきたら何になりたいですか?

A 今はこれが好きだけれど、可能性があることはなんでもやってみたいというのが、本音。

 

〇ジュエリー制作の上で、最も難しい工程はあなたにとって何ですか?

A 頭の中にある考えを完璧に形にして組み立てるということ。

 

〇ジュエリークリエーターになりたいと思っている若者に対してのメッセージなどありますか?

A デザイナーになりたいと思っている人には、もともとの才能も必要だけれど、何よりも自分の中から溢れ出てくるものを大切にしてほしい。そして情熱を持ち続けること。

何度も実験を繰り返し、そしてしっかりと勉強する姿勢も忘れてはならないかもしれないね。

また簡単なことではないけれど、既にあるものに影響されすぎないことも大切。

人や市場が待ち望んでいるものばかりにとらわれず、自分の中の物をしっかり見つめて育むんだ。

 

〇最後に、これからあなたはどこへ向かっていきたいですか?

A  自分の素の状態、ありのままの自分を保ちつつ、それを育て、デザインやクリエイトに反映させていくこと。自分の中から湧いてくるものをこれからも追及してゆきたい。

 

アレッサンドロさん、長い間インタビューに答えて下さり、ありがとうございました。

そして皆さんも最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

アレッサンドロ氏の作るジュエリーが、ただ美しいだけではない理由がお話をうかがっているうちに、私の中で確信を帯びてきました。

さあ、私が私であるためのジュエリーを、ショップIDRUSで選ぼう。

PART4は、こちら。

Story Details

Posted: 21 marzo 2019

By: